スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

命の重み。―とれる耳とアンバランスな思考。

耳、とれてませんか?

出社して1番に上司に発した言葉です。
本当に、今朝はそう疑わずにはいられないほどの寒さでした。

まずは、先日の記事では、思いっきり個人的な内容だったので、
コメント欄を閉めようと思っていたのですが・・・設定ミス。
すいません、相変わらずのまぬけっぷりで。

微妙な内容にもかかわらずコメントしてくださってありがとうございます。
とっても嬉しかったです。
お返事のほうは、すぐにしますので、少々お待ちください。
ごめんなさい。


足りない飼い主に変わり辱めを受けながら、謝罪いたします。
D1010026.jpg
前足に力が入っているのは、強い謝罪の念からです。
けっして緊張しているわけではありません・・・笑


さてさて、以前の『環境省へのパブリックコメント』の記事では
ご協力頂き、ありがとうございました。
ご報告が遅くなってしまったのですが・・・

農林水産省と環境省が
国内で製造・販売する犬、猫用ペットフードのすべての製品に、
賞味期限や原材料名などの表示を義務づける方針を固めたそうです。
また、かび毒、農薬、重金属、有害微生物、使用に関する注意が必要な
添加物の残留値や使用上限を設け、
違反の場合の処分や罰金も科せられるそうです。


詳細は→こちら


声なき声が少しでもカタチへとなりますように。
そして、この手で愛するものを守れますように。


***

ここから本題です。
ずっと、ずっとアップしたかった記事です。

千葉のセンターで保護されていたキャバリア。
ついに、『新・ミューちんの新しいお家』のishiminさんのお宅へ
預り犬としてやってきました。

ベティちゃんというお名前に決まったそうです。
betty11081.jpg

ishiminさん、画像拝借しました。

可愛いまるキャバちゃん。9.7キロあるそうです。
とっても愛想がよく先住犬のミューたんとも上手くやっているそうです。

betty11084.jpg

実はベティのことを知ったとき
無謀にもセンターへ問い合わせをしていました。
普段は必要のないことまで、のらくら考えてフットワークが悪いのに
考えなくちゃいけないことはふっとばして、先に動いているという
なんとも自分でもがっくりするようなアンバランスさ。

岡山に住み、図々しい先住犬と、せまい賃貸で
ほそぼそと暮らしているあたしに、いったい何が出来るだろう。


図々しい犬・・・ビールのお裾分け。
photo.jpg
酔っ払っております。うぃっと。


キャバリアだから、こんな行動にうつしてしまったんじゃないだろうか・・・

電話を切ったあと、自分のしてしまった軽はずみな行動を恥ずかしく思い
自己嫌悪におちいっていました。


感情と思考だけは人一倍忙しいのです。しかも、無駄な。


しかし、先週。
無事、引き上げられましたから安心してくださいね。
と、センターの方からお電話をいただきました。

何十回、何百回・・・
罪のない命が粗末に扱われる現実を、
救いたくても救えない多くの命があるという現状を、
悲痛な叫びと、恐怖と、叶えられない祈りを目の当たりにして
今日までやってこられたのだろう。

そう思うと言葉につまります。


そうやって現実を受け止めていらっしゃる方々もいるということを
ただ、ただ、忘れずにいたい。
忘れてはいけない、そんな風に感じました。


そんな中で、多くの方の想いとともに救い出されたベティ。
どうか君には、幸せになってもらい。そう思わずにはいられません。


じゃぁお前がしろ!と言われたら返す言葉もありません。
無責任だということも十分承知しています。

今のあたしにできることは、
自分の許す範囲内でお手伝いさせていただくこと。
こうして文字にして多くの方に知っていただくこと。
それしかありません。



だけどやっぱり願わずにはいられません。
ベティの幸せと、
いつか迎えにきてくれると信じている多くの子たちの幸せを。



【続きを読む】

| **nico** | 12:42 │Comments9 | Trackbacks0編集

新しい呼び名―家族のかたち。愛のかたち。

今週の水曜日、気持ちのいい空気の中
出勤する人の流れに逆らいお散歩へ。

緑道公園の川沿いの小道をノロノロと探索。
もうご存知のことかと思いますが・・・
あたしは自他共に認めるインドア派で(ただの面倒くさがりなだけですが)
ブログ内でも室内風景がほとんどなので、たまにはアグレッシブなところを!
と、はりきっていたのですが・・・相変わらずの空回り。
メディアが入っていないという残念な結果に終わったので、過去のものを。笑


ヤムの現役時代。実家近くの大好きな川原にて。
110706.jpg

まだ貧毛に悩んでいた1歳。

まさか1年後にはアラン・ドロン並の胸毛がはえ
その1年後には結べるほどの前髪と謎の頬毛がはえていようなど
夢にも思っていなかったあの頃。


2時間の散歩のあと、ヤムをシャンプーしながら
電話をするなら今日だ。そんな気がした。


苦手なシャンプー後のおやつの催促。只今、胸毛増毛月間。
110701.jpg
何だかおかしい足のバランス。短くない?


まだまだ太陽が猛威をふるう9月はじめ。
久しぶりに祖母から連絡があった。
連絡がとりたいそうなので、気が向いたら電話してあげて。
そう言って母の携帯番号を教えてくれた。


母は、自由奔放で、負けず嫌いで、とても感情の豊かな人だった。
華やかなものを好み、社交的で、歌がとっても上手で。自慢の母だった。


よく似ている。と祖母や親戚から何度となく言われ、
写真の中の幼き母を、自分だと勘違いしたことさえあるほど。

今は定かではない。

あたしが12歳の時に事情があり家を出た母。
それ以来、連絡を取ることも、会うこともほとんど無かった。


たとえ明日死ぬことになっても後悔のないよう今を精一杯生きよう。

そんなことを頭の片隅に置いていても、
いざ願いつづけたものが現実となると、無駄な思考が浮かびあがり
踏み出せずに2ヶ月もたってしまった。
相変わらずフットワークの悪さに自分でも情けなくなる。


身体は重いがフットワークの軽い犬。只今、物色中。
110702.jpg
やっぱりおかしい足のバランス。
もしや・・・体重に耐えられず擦り切れているのではなかろうか。



10年ぶりに話す母に、幼い頃に想い描いた印象はなかった。

幼い表情と涙もろさをごまかすためにメイクという仮面をつけ
弱さともろさを隠すためにブランドという鎧で身をかため続けていたのだと
知ったのはあたしが少し大人になってからだ。


もう以前のように強がって、意地をはって生きていく必要もない。
自らを奮い立たせなくとも自然と前を向いて立つことができる。


大切な人の傍らで、愛するものたちに囲まれて。

そして母は言う。

「ねぇ、あたしのことはnicoさんって呼んでね。」

母は、新しい旦那さんやご家族に、あたしの名前で呼ばれているそうだ。

「nicoさんとnicoちゃん。
 それでいいじゃない。それがいいじゃない。」


こういう破天荒なところは昔から変わらない。
そして、間違いなくあたしは母のDNAをしっかりと受け継いでいる。笑

どんなに離れていても
どんなに一緒に過ごした時間が短くても。



この人の娘に生まれてきたことを心から嬉しく思う。

普通の母と娘ではないかもしれない。
それでも母がいうように、それでいいじゃないか。






11月7日。
母の誕生日。
15年ぶりのプレゼントとしてピンクのマニキュアを購入した。

深い赤の似合う母はもうそこにはいない。
きっとやわらかで自然な色がよく似合う。そんな気がする。


プレゼントの中にヤムのとびきりまぬけな写真を同封した。

あたしの大切な家族です。と。



きっと母は愛情を込めて言うだろう。

「まぁ、ぶさいくちゃん。」


どんなにぶさいくでも、規格外でも、あたしはこの犬を
とっても、とっても愛しているよ。

そして同じくらい、あなたのことも愛しているよ。
昔も今もこれからも。

そう伝えよう。


Happy Birthday to you!!

【続きを読む】

| **nico** | 19:04 │Comments11 | Trackbacks0編集

10月17日―お元気ですか?

この時期特有の秋ボケを抜け出せず
相変わらずアンバランスな日々を過ごしていました。

空を見上げては溢れる涙をおさえ、
雨にうたれては自制心のきかなくなる感情を
ひたすら飲み込みつづけていました。

何をしても上の空で、
送っていたつもりのmailは下書きBOXの中で発見し、
現実を受け止めることもなく千葉の保護センターに問い合わせ、
気がつけばヤムのフードは空っぽで、
仕方なく腸炎用に購入していたウエット缶を取ろうと
棚に手を伸ばすと案の定、足の甲に落とし、
悶えながら部屋の中を3周ほど走って
ようやく、ほんの少し冷静さを取り戻すことができました。


犬ブログにもかかわらず、
お薦めの場所や役立つ情報の記事など皆無で、
そもそも、ブログ事態存続の危機なのでは?との懸念もぬぐいきれず
無能な飼い主の戯言にあったかいコメントまでくださっている方々。
本当にいつもありがとうございます。

反省だけは二人分しときますので。


***

lionが旅立ってから7日。

このブログの1番はじめの記事にコメントをいれてくれた
めぇさんのことを想う。

夏生まれの3歳のおかまの長キャバを相棒に
偶然にも同じ誕生日だったこともあり、
個人的にとても親近感を抱いていた。

めぇさんとlionのおりなす日々が大好きで、
いつもブログにおじゃましては可愛いlionに心うばわれていた。


そんな中、突然のlionの発病。
めぇさんから、またひとつ共通点がふえたよ。そうmailをもらったとき
ただただlionの回復を祈ることしかできなかった。
多くの方たちが同じ想いで祈りつづけた。
奇跡を信じて。


2008年10月17日。
lionはめぇさんとしぃさんの深い愛情の中で旅立った。
彼は自由な魂でめぇさんの想い出の中で、しぃさんの記憶の中で
寄り添いつづけている。


そして、またひとつ共通点がふえた。



今から4年前の同じ日。
同じように、あたしのもとからも大切な人が旅立っていった。


突然の出来事だった。
前日に「会いたい」とmailをくれた君に、
どうして、返してあげることができなかったんだろう。
仕事とプライベートで肉体的にも精神的にも困憊していたとはいえ
どうして、また明日返そう、なんて思ったんだろう。

それが最後のmailになるなんて思いもしなかった。
また当たり前のように明日がくると信じて疑わなかった。


何回も、何十回も、悔やんだ。
できることなら、君のもとへいきたい。そんな風にさえ思った。


そんな遠い記憶が、めぇさんの想いと重なり合い
受け容れていたはずの感情が涙とともにあふれた。


めぇさんは頑張っているlionの闘病生活をブログに綴り、
今もなお気丈に綴り続けてくれている。
どれだけ苦しい想いをしたのだろう。
どれだけ悔しい涙を流したのだろう。
どれだけ眠れぬ夜があったのだろう。


だけど、癒されない心はどこにもないのではないかと思う。

君の想い出が、君の記憶が、おだやかな時の流れが
あたしの背中をおしてくれたように。
抱きしめあうことで、慰めあうことで、慈しみあうことで
少しずつ前へ進んでいくことができたように。


そんなことをまた改めてふかく考えさせられた。
lionに、めぇさんに。
そして、エールを送り続けていらっしゃる多くの方たちに。


1年後。あたしはヤムを迎え入れた。
失うことに怯えていたあの日から、
またあたたかな命を愛するために。
いつもそこに存在する君を感じつづけるように。



今日もどこまでもひろがる空を見上げ、lionを想い、君を想う。
お元気ですか?と。
多くの流した涙とたくさんの想い出を抱きしめて、
あたしは今という時を大切に生きています。




| **nico** | 19:02 │Comment- | Trackback-│編集

拝啓 愛しの電子レンジさま。

久しぶりに昼間に外出しました。おつかいで。
もうすっかり秋だね~と思っていましたが・・・
陽射しがきつくて、きつくて。とろけていないでしょうか、心配です。


さてさて、あたしの愛する電子レンジちゃん。
引越しの時に購入してからほぼ毎日お世話になっている代物で
大好物のパンに、ヤムに与えるスープ、野菜、牛乳、冷凍食品、
この1年半数々の苦楽を共にし、取扱者の無謀な挑戦にも
文句ひとついわず付き合ってくれているカワイイ子。

きっと君がいなければ生活が成り立っていなかったよ。

苦楽の『苦』のひとつ。
53.jpg

卵に、鶏のささみ、きのこ、コーヒーなど数え切れないほど
大惨事を経験してきた。

取扱者に問題あり!との声も真摯に受け止めます。はい



そんな伴侶同然の電子レンジちゃんのささやかな仕返し。

とある朝、パンをレンジに入れ待つこと5分。
おいしそうな匂いにつられ、食いしん坊も、のらりくらりと起床し、
いつものようにレンジの前で尻尾だけブンブンさせて待機!

51.jpg
結ぶものが無かったので、落ちていた(?!)マスク着用。
あら、意外に似合うね。ナースか給食係だね~なんて言っていると

プシュプシュプシュプシュ~

どこからか聞こえてくる音に、レンジの扉を開けたり、下をのぞき込んだり。

ヤムも必要以上に口を膨らませてワンワンと吠え始める。
普段は、フガとか、フンとか、アウ~とかなのに、やっぱり犬なのね、
なんて思いながら、ふとレンジの上を見ると

グツグツと煮えたぎっている100円ライター!!

ぎゃっ!!
以前テレビで見た、夏の日の車内で爆発するライターの映像が
鮮明に思い出され、冷やしてみるか、それともナイロン袋に入れて
落ち着くのを待つか、それともまずは家から脱出?なんて
脳みそをフル回転させながら、うんうんと考えてみたものの
音は大きくなる一方だし、ヤムはワンワン吠え続けているし、
オイルは波打つみたいに透明のケースの中で暴れてる。


080819_055430.jpg
『100円ライター爆発?!独身女性、愛犬と無残死!』
なんて地方紙をにぎわすことになるかもしれない~ひぃ



半べそかきながら、意を決し煮えたぎるライターを箸でつまむ。
ごめんなさい~と早朝5時の閑散としている道路へと放り投げる。
パーン!という音と共に砕け散る様子を
ヤムと2人窓にへばりつきながら眺め、安堵の声をもらす。

よかったね。危なかったね。
55.jpg


後で回収に行ったものの、破片すら残っておらず、爆発場所から
ずいぶんと離れたところで同じ色のライターの一部を見つけた。

もしも・・・なんて考えるとブルブルとしてしまうので、もうそれ以上は
言いません。

しかし、そのことを話すと友人はこう言い放った。
「あんた・・・間違いなく、発砲事件で通報されてるね。」
友人よ、友の無事を祝ってはくれないのかい?



 拝啓 愛しの電子レンジさま。
 今度からはちゃーんとお掃除もするし、もう無謀なこともしないから。
 だから、今回だけにしといてね。


電子レンジと100円ライターにはくれぐれもご注意を。

| **nico** | 19:20 │Comments6 | Trackbacks0編集

« back | main |

profile++

nico*33*

Author:nico*33*
■86(yam)
2005年8月6日生まれ
前髪の伸びる10㌔超のでかキャバ
人一倍図々しいが内弁慶
得意技は下たぶまきと関取歩き
食いしん坊の万年ダイエッター


■865(PANKO)
2003年8月6日生まれ(推定)
2010年の9月にやってきた
うさぎのように飛び跳ねる5㌔の豆キャバ
好奇心旺盛だが一歩が踏み出せない小心者
現在増量中


■主
3種の神器はガムとタバコとビール
毎夜犬に枕を奪われている


■nico(管理人)
かろうじて人間に分類
好きなものはかぼちゃのスープとお赤飯
混沌としています

mail++

名前:
メール:
件名:
本文:

calendar++

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。