スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

奇跡―やさしい匂いとキズナソング。

昨日のこと。
グルーミングの帰り道に、頻繁に利用している鉄板焼(?)の店へ立ち寄る。
常時、商店街に六甲おろしを響かせているこのお店。
何とキャベツ焼100円。ネギ焼150円。トッピング50円という驚きの価格。

申し訳ないな・・・と思いながらも食べきれないので毎回ねぎ焼を
ひとつだけお持ち帰りで注文する。
気分がのれば、バケツに水をはって冷やしているラムネも追加する。

ヤンコを向いの鉄柱につなぐと思いのほかヒーヒーとないてしまったので
注文だけ済ませ、傍に座りなだめる。
以前はこんなことあまりなかったのに。
最近、ナイーブなのです。とっても。

油断するとすぐこんな顔になっちゃうし。
101501.jpg
朝から頑張っておられる谷○さん説まで浮上。ガチョーン?

すると店員さんがわざわざ持ってきてくれ、無愛想なヤムをなでながら
「キャバリアちゃんですよね?
 ロングコートのキャバリアってめずらしいですね。」

規格外に伸び続けている前髪のせいかなぁ。
だけどそんな風に言われると、なんだか嬉しくなる。
数十分前にグルーミングしてもらったことは秘密にしておこうね、ヤンコ。


***
音楽に詳しいわけでもなく、流行曲なんてどこ吹く風だけれど、
ここ数日、『キズナソング』という歌が頭の中でずーっと流れている。

 ―誰もがみんな幸せなら歌なんて生まれないさ
  だから世界よ もっと鮮やかな悲しみに染まれ


そんな時、とっても素敵な贈り物が届いた。
101503.jpg

「日々、早々と」のめぇさんとLionから。どんぐり好きも大興奮!
その他にもたくさん心のこもった贈り物。


懸命に生きようとしているLionとその傍らに寄り添うめぇさん。


Lionへ想いよ、届け。この空のもと。
101504.jpg

かける言葉さえみつからない自分のふがいなさと無力さを
痛感せずにはいられないけれど・・・
それでもやっぱり信じています。


 ―傍にいるのに分からないことばかりで
  何一つ出来ないけどいつだって傍にいるよ



とってもやさしい匂いのしたスカルベベ。
101509.jpg
案の定、ぷりっとお尻をだしてます。


大きな困難が立ちはだかり心が折れてしまいそうになったとき、
苦しくて、苦しくて、立ち止まってしまいそうになったとき、
こうして誰かを想いやることができるだろうか。
誰かのやさしさに気付くことができるのかな。


 ―苦しくたってつらくったって誰にも話せないなら
  あたなのその心を歌にして僕が歌ってあげるよ



走るのはあまり得意じゃない。すぐに疲れてしまう。
101506.jpg


一生まじわることのない人たちのほうが圧倒的多数をしめる中
キャバリアという犬種が紡ぎつづけるつながりを、
あたしは奇跡だと信じたい。

 
キズナは食べれる?



そして、この奇跡のつながりを絆にかえていくことができたらいいな。
少しずつ。少しずつ。

 ―ありふれた小さなキズナでいい
   そっと歩みを合わせてゆく
   街中にあふれるラブソングが
   少し愛しく思えたのなら素晴らしい世界


101508.jpg

夜明けとともに。




***追記***

2008年10月17日 AM1:30
Lionが旅立ちました。

大好きなめぇさんの腕の中で、
あふれんばかりの愛情を受け幸福の絶頂の中で。

犬や猫は人間を選べないというけれど、
間違いなくLionはめぇさんとしぃさんを選んで
2人のもとにやってきたにちがいありません。

lion.jpg
(あたしが1番大好きなめぇさんとLionの画像をお借りしました。)


Lion、君の長いようで短い人生のなかで
ほんの瞬間こうしてまじわることができたこと
とても、とても感謝しています。

ありがとう。


Lionのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
スポンサーサイト

| **8686** | 08:35 │Comments13 | Trackbacks0編集

コメント

Re: 奇跡―やさしい匂いとキズナソング。
この時間になってようやく文章が打てるようになってきたぐりこです。

リォンリの魂は無事に天国に着いたかな。
それともワンコたちに挨拶周りしてるのかな。
それもリォンリらしいか。

リォンリが残していったキズナ。
たくさんの人との縁なんだね。

これからも遊びに来ますね。

2008.10.17(Fri) 21:13 | URL | ぐりこ|編集

Re: 奇跡―やさしい匂いとキズナソング。
nicoさん、ポンタの件で暖かいコメ
有難うございました!
ヤム君 可愛いですね、と 読み進むと
りォンリ君の訃報。。。
めぇさんの大変な闘病看護生活も
泣きながら読みました。
でも 最後は 大好きな飼い主さんの腕の中で 
あふれんばかりの愛情の中で
一足先に逝ったポンタのいる
虹の橋へ 行ったのですね。
リォンリ君の冥福を お祈りします。

2008.10.17(Fri) 22:39 | URL | けいこ|編集

Re: 奇跡―やさしい匂いとキズナソング。
リォン君、最後まで
頑張りましたよね。
偉かったですよね。
彼と出会えた事
彼を撫でた感触
いつまでも忘れません。

2008.10.18(Sat) 00:35 | URL | コジロウパパ|編集

Re: 奇跡―やさしい匂いとキズナソング。
nicoさん、こちらにコメント頂きありがとうございましたm(__)m

リォンリは今頃あちらでゆっくりしてるのかな。
ブログを通してだけど、私も出会えたことに
感謝しています。彼のことはいつまでも忘れない。


ヤムくんはロンバルディと誕生日が1日違い。
これもリォンリがつないでくれた素敵な絆ですね。
なんてうれしいことでしょう。

また遊びにきますね。
これから仲良くしていけたらいいなと思ってます。

2008.10.18(Sat) 18:48 | URL | mayuge|編集

masaさん。
お返事遅くなってしまいました。
ごめんなさい。
あまりにも残酷すぎる現実ですよね。
あたしも自分の無力さを痛感せずにはいられません。
リォンリに、めぇさんに、そしてしぃさんに
とっても、とっても大切なことを学んだひとりです。
キャバリアがつないでくれた奇跡。
大切にしたいですよね。
これからもよろしくお願いします。

2008.10.20(Mon) 06:05 | URL | nico|編集

ぐりこさん。
コメントありがとうございます。
お返事遅くなってしまってごめんなさい。
未だに信じられずにいます。
だけど、少しずつ受け容れていくことができるんでしょうね。
時とともに。

きっとリォンリは自由なカラダを手に入れて、
挨拶まわりに忙しくしているんだろうな。
ニカッ、としながら。
あたしもそう思います。

リォンリがつないでくれた奇跡と絆。
あたしも大切にしていきたいと思っています。
ぐりこさん、グリフォンちゃん、
これからもよろしくお願いします。

2008.10.20(Mon) 06:12 | URL | nico|編集

けいこさん。
けいこさん、お越しくださってありがとうございます。
お返事遅くなってごめんなさい。
本当にリォンリは頑張りました。
懸命に生きました。
そして、愛情の絶頂のさなか旅立ったと思います。
微笑みながら。
ポンタと同じように。
こんな時、あまりにも自分の無力さに憤りを覚えます。
だけど、こうしてつながることのできた奇跡と
永遠の魂を胸に今を生きていくしかないのだろう。
そんな風に思います。
ポンタとリォンリ、もう、はじめまして。を交わしたのかな。


けいこさんにも穏やかな日がおとずれますように。

2008.10.20(Mon) 06:27 | URL | nico|編集

コジロウパパさん。
お返事がおそくなってしまいごめんなさい。
未だに信じられない気持ちでいっぱいです。
リォンリは本当に強いコでしたね。
とっても頑張っていましたね。
めぇさんと、しぃさんの愛情のもと。
あたしには何もすることができなかったけれども。
それでも、こうしてリォンリが教えてくれたこと、
奇跡と絆を大切に守っていきたいと思っています。
これからもよろしくお願いします。

2008.10.20(Mon) 06:32 | URL | nico|編集

mayugeさん。
コメントありがとうございます。
お返事遅くなってしまってごめんなさい。
自由なカラダを手に入れたリォンリは誰よりも早く
かけ回っているのかな。
肉体は消えてしまったけれど、目をとじるとリォンリに
出会うことはできます。
彼は永遠の魂を手に入れることができたのだから。

mayugeさんとも、きっとリォンリがつないでくれた
素敵な絆なんですよね。
そう感じずにはいられません。
ロンバルディくんは1日違いのお兄ちゃんですもん。

またこちらも遊びにいきます。
これからもよろしくお願いします。

2008.10.20(Mon) 06:40 | URL | nico|編集

Re: 奇跡―やさしい匂いとキズナソング。
こんにちは。
nicoさん、お気は大丈夫ですか?

この3日間、暗く長いトンネルを彷徨うな思いでした
ただただ涙することしかできず、無力な自分に憤りを
感じずにはいられませんでした。
3時間前のリォンリの動画、ルイを膝に見ていたの。
何度も、何度も・・
ルイもじっと、そっと、見ていたの。
きっと、何か思ったんだろうなって・・

リォンリ、最期までとっても頑張ったよね
最期まで、親思いのいい子だった。
きっと、めぇちゃんの心の覚悟が出来るまで
懸命に一緒に闘ったんだと・・

きっとね、今の自分の体ではとても生きていく上では
難しくて少しの間だけ、お別れ。
でもね、来世の準備をするためなんだ。僕も寂しいけど
ただいまって、戻ってくるから待っててね。
そう思えてなりません。リォンリの魂は、生きているから・・

強くて優しいリォンリ、きっといつしか私達の前に
姿を現してくれると思います。

それまで、みんなで待ちましょう。。
そして、リォンリとめぇちゃんが教えてくれた
たくさんのこと、大切にしてきましょうね。

2008.10.20(Mon) 13:59 | URL | こてつ。|編集

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008.10.21(Tue) 00:30 | | |編集

こてつ。さん。
こてっちゃん(って呼んでもいいですか?)
こんにちわ。
こちらのお心づかいまでありがとうございます。

あたしもこてっちゃんと同じように、
あの日から何をしても上の空、
時々どうしようもなく感情があふれだしたかと思うと
緊張するように体全体に力が入ってみたり。
化粧もできず『THE ぶさいく道』を突っ走ってました。
あたしも何度も、何度もリォンリの動画を観ました。
ルイくんも一緒に観たんだね。

本当にリォンリは頑張った。めぇさんも。
だからこそ、もうグズグズするのはやめよう、
そう思ったの。
今を生きるということ。
死を傍らに生活していくということ。
当たり前の日常と奇跡の日々。
今はとっても寂しいけれど・・・
いつだって会えるよ。いつだって感じられる。
記憶の中で、想い出の中で。
リォンリは永遠の魂を手にいれた、そう思うから。

こてっちゃんが言われるように
あたしたちがそうやってリォンリを感じている間に
彼は次の準備に入っているんだろうね。
ニカッ!って笑いながら。

だから、あたしもリォンリを待ってます。
空を見ながら、風を感じながら。
これからもよろしくお願いします。


2008.10.21(Tue) 09:46 | URL | nico|編集

ishiminさん。
ご連絡ありがとうございました。
先ほどメッセージさせて頂きましたので、
お時間があるときにご確認お願いします。

2008.10.21(Tue) 11:17 | URL | nico|編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://smile3nico.blog105.fc2.com/tb.php/10-cf286b10

| main |

profile++

nico*33*

Author:nico*33*
■86(yam)
2005年8月6日生まれ
前髪の伸びる10㌔超のでかキャバ
人一倍図々しいが内弁慶
得意技は下たぶまきと関取歩き
食いしん坊の万年ダイエッター


■865(PANKO)
2003年8月6日生まれ(推定)
2010年の9月にやってきた
うさぎのように飛び跳ねる5㌔の豆キャバ
好奇心旺盛だが一歩が踏み出せない小心者
現在増量中


■主
3種の神器はガムとタバコとビール
毎夜犬に枕を奪われている


■nico(管理人)
かろうじて人間に分類
好きなものはかぼちゃのスープとお赤飯
混沌としています

mail++

名前:
メール:
件名:
本文:

calendar++

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。