スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

『残された126頭の繁殖犬』―命をつなぐために、今できること


みなさんはご存知でしょうか。

そして、ご存知の方はまだ覚えていらっしゃるでしょうか。


今年の異常ともいえる猛暑の中

西日本の片田舎の山の中へ置きざりにされた犬たちのことを・・・。




■8月23日午前8時頃■

岡山県吉備中央町尾原の山中で
捨て犬を保護したと近くの住民から北署へ通報があった。

19日以降、地元住民や町職員やが計12匹の小型犬を見つけており
同署は何者かが捨てたとみて
動物愛護法違反(愛護動物の遺棄)の疑いで調べている。




asahi.com(朝日新聞社)より抜粋>


■11月10日■

岡山北署は、浅口市鴨方町のブリーダーの男(68)を逮捕。

直接の容疑はゴールデンレトリーバーとペキニーズを1匹ずつ捨てた
動物愛護法違反容疑だった。

今年8月に犬が発見された当初、県警は
ブリーダーが売れ残った犬の処置に困って捨てたと推測。

純血種ならDNA型が記された血統証明書があるとにらみ
2匹のDNA鑑定を試みた。

群馬県の鑑定機関に体毛を送付し
結果を社団法人ジャパンケンネルクラブ(東京)に照合したところ
男が約10年前に同クラブに登録した犬のDNA型と一致。

その後、家宅捜査で2匹の血統証明書が押収され
逮捕に踏み切った。




asahi.com(朝日新聞社)より抜粋>


■そして現在■

繁殖場に残された126頭の犬たち。

そのうち30頭あまりが大型犬のゴールデンレトリーバー。



当初、男の家族と連絡がとれず動けない状態でしたが

現在は無事連絡がとれたそうで

個人のボランティアさん数名で残された犬のお世話にあたっています。




譲渡についてですが

持ち主との話し合いがはじまっていない状態ですので

まだ先の話になると思います。


126頭、しかも大型犬も含まれるとなれば

時間も労力もかかることでしょう。



そこで、みなさんにお願いがあります。

ボランティアさんのほうでフードのご支援と掃除のボランティアを募集されています。




現在、企業さまやニュースを見てくださった方たちのご支援により

今週までのフードは確保できたそうです。



しかしそれ以降の見通しがたっておらず

賞味期限の切れたものでも、開封済みのものでも構いません。



どうかまずは126頭の命をつなぐためにもフードのご支援をお願いします。




ブリーダー逮捕はめずらしいことかもしれませんが

これは決して特別な事件ではありません。


この世界のどこかで今も日常的におこなわれている出来事です。

氷山の一角にすぎません。













こんな拙いブログでは何の役にもたてないことは承知です。

それでも今自分にできることをしたい。

偽善といわれようが、矛盾をはらんでいるといわれようが

今伝えなくちゃいけないこと。




どうか126頭の命がつながっていきますように。


そして、尊い命が粗末に扱われることのないように。

もうこれ以上かなしい涙を増やさぬよう。







スポンサーサイト

| **日常の混沌** | 19:47 │Comment- | Trackbacks2編集

陽だまりの中で。



前回の記事から、すっかりと時間がたってしまいました。

おひさしぶりです。


こちらは相変わらずのんきに暮らしています。

いつまでもこない秋に恋焦がれていたら、期待とはうらはらにすっとばかされ
いそいそと電気毛布と羽毛布団とこたつをだし冬ごもりの準備。

かと思いきや日中は汗ばむくらいの陽気に体調と肌がまったくついていかない。



仕事もたてこみ、残業の日々。

毎朝リポビタンファインを握りしめて出勤。
カロリーオフのピンクの乙女色ははずせない三十路直前女。失笑


ふと立ち寄ったコンビニに貼ってあった「ノルウェイの森」のリーフレット。
今すぐ読みたい衝動にかられ、実家にもどればあるのにそのまま本屋へとむかう。

案の定寝不足。肌荒れ悪化。

今は「ねじまき鳥クロニクル」を再読中。


さらに半年前にやめたタバコ・・・
1本吸ったのをかわきりに日に2~3本吸うようになってしまった!


悪循環・・・。


タバコに興味津々のパンコ嬢。こりゃっ!
110603.jpg








そんな中、パンコが体調をくずした。


夜中から朝方にかけて咳がとまらず、ゼェゼェと苦しそうに呼吸をする。

細い身体がゆれるのを見るのは心もとない。小さすぎて、はかなすぎて。

急きょ、有休をとり病院へとむかう。



お世辞にも良いとはいえない状態で保護されたパンコ。

年齢もわからない、どんな風に生きてきたのかもわからない。

何があってもおかしくないし、もしかすると想像以上に早い別れがくるかもしれない、
その覚悟もできていたし、そのつもりであたしたちはパンコを迎え入れました。


それでも、こんな時ずっと一緒にいてあげられないのはとてもつらい。

わかっていたことだけれど。


「パンちゃん、大丈夫?」とでも言うようにパンコに近づくヤム。
110604.jpg


ここ1週間、家をでる前にベッドで眠るパンコをなでながら「大丈夫だからねー」と言い
「パンちゃんのことお願いね」とヤムを抱きしめるのが日課となっている。

ヤムにはそんなことわかってはいないかもしれない。

それでも、ヤム。君がいてくれるだけでとても心強いよ。

ただ傍にいてくれるだけで。



検査の結果、もともと患っていた肺水腫に気管支炎を併発しているとのことで

降圧剤と利尿剤の他に、抗生物質と気管を拡げる薬を服用することになりました。


何度も気管を拡げる注射をされパンコのお尻はぷっくり。



季節の変わり目だからかな。

人間でも体調をくずしやすいものね。

何もかもが、はじめてのことだもの。慣れるまでに時間がかかるよね。



ヤムのまねをして、テーブルの上に顎をのせる。盗み食いまでまねしないように!
110606.jpg


今はしっかり寝て、ゴハンをいっぱい食べて早く病気を治そうね。


何かしてあげられることがあるのなら、時間と体力の許す限りしてあげたいと思う。

してあげられることがあるということは幸せなことだと思うから。


もし、気管支炎や咳に効果があるようなものをご存知でしたら
是非是非おしえてくださーい。






よく晴れた日。陽だまりの中で。

保護時にかられた被毛がなかなか伸びないパンコ。
以前、キャバリアを通じて知り合ったお友達からもらった洋服を着せて。

110605.jpg









***おまけ***

土曜日に京都の友人の結婚式に出席してきました。
友人の車で行ったので、朝?の3時半に起きて用意。死ぬかと思ったー。

予定時間より2時間くらい早く到着したので下鴨神社と糺ノ森にも行くことができました。

紅葉にはまだ早かったけれど、人の少ない早朝のうっそうと茂った木々の中を
水のせせらぎを感じながら歩いただけで、体中浄化されたような気分になりました。



110608.jpg

結婚式は何度出席してもいいものだ(^^


帰って死んだように眠りましたが・・・。





| **8686+5** | 02:06 │Comment- | Trackbacks1編集

| main |

profile++

nico*33*

Author:nico*33*
■86(yam)
2005年8月6日生まれ
前髪の伸びる10㌔超のでかキャバ
人一倍図々しいが内弁慶
得意技は下たぶまきと関取歩き
食いしん坊の万年ダイエッター


■865(PANKO)
2003年8月6日生まれ(推定)
2010年の9月にやってきた
うさぎのように飛び跳ねる5㌔の豆キャバ
好奇心旺盛だが一歩が踏み出せない小心者
現在増量中


■主
3種の神器はガムとタバコとビール
毎夜犬に枕を奪われている


■nico(管理人)
かろうじて人間に分類
好きなものはかぼちゃのスープとお赤飯
混沌としています

mail++

名前:
メール:
件名:
本文:

calendar++

10 ≪│2010/11│≫ 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。