スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

SUMO WRESTLER?―『足りないものは補えばいい』


連日連夜、皆さんのブログでのオフ会だの、旅行だの
楽しそうな記事を拝見していて

身近にワンコ友達が欲しい!

他のワンコにはふはふしたい!!


と、切に願う今日この頃。


そんな願いを叶えるべく
先日、【岡山犬人会】なるものに登録をしてみました。
(めずらしくフットワーク軽め?!)

そして、岡山でキャバリアと暮らしていらっしゃる方のブログに
図々しくコメントしてみました。
(小心者なのに?!)

すると

「ヤムくん、犬人会のお誕生日間違ってませんか?」





2006年8月6日

どうやら1歳サバをよんでいたようです。

まぬけな飼い主。
またしても、ログインできません。


調子に乗りすぎました。


* * *

久しぶりに会う人たちに
「また太った」「また大きくなった」
といわれ続けながらも
(きっと犬のことでしょう。それ以外のことには聞く耳持たず。)

『それは毛量のせいです』
CIMG2184.jpg

と頑なに否定してきた飼い主ですが・・・


11月19日9.9㌔
(獣医師測定)
心を鬼にして、心機一転『減量PJ』に着手したいと思います。


ダイエットといってまず考えられるのは
食事制限 & 適度な運動
ですが・・・


哀しいかな。

嬉しそうに瞳をキラキラさせてびしっと待っていたら。

洗う必要のないほど、お皿をピカピカになるまで舐め続けていたら。

空のお皿の中を何度も確認しに向かったら。



ゆるい飼い主。
とても、とても給餌量大幅カットなんてことはできません。



しかし、ピートバルブの問題を考えると
今後もダイエットフードを与える気にはなれず・・・。

手作り食は・・・
どうもうちの犬は体質的に合わないようで、
どんなに柔らかく煮ても、カラフルなウンモをこんにちわ~。

飼い主をたいそう驚かせるので
今回はやめておきます。



ということで今回お世話になる方々。どぞ。
CIMG2286.jpg

L-カルニチン
ビタミンC・E
亜麻仁油
ドライフード
ウエットフード

足りないものは補えばいい!
そんなスタンスでふんばりたいと思います。



あぁ~すっかり前置きが長くなってしまいました。
ゴメンナサイ


ではでは
~ゆるい飼い主による1分間クッキング~

L-カルニチンとビタミンCを体重比でチロロロっと
ウエットフードにふりかて
こねくりまわして愛しの電子レンジ様で10秒チン。

ドライフードとしっかり混ぜ合わせ、
亜麻仁油1滴とビタミンEを適当にたらす。

~終了~
CIMG2287.jpg


ちなみにこちらもすっかり準備ができた様子。
CIMG2295-2.jpg
しっかり四股ふんで気合も十分。


では、召し上がれ。
CIMG2294.jpg


ちなみに使用するサプリは全て人間用のものです。
なぜなら・・・

あたしも一緒に使えるから。


そして、その時の状態により
不足しているだろうと思われる栄養素を重点的に補完。
痒みが酷いときは・・・
アルギニンとオメガ3
お腹の調子が悪いときは・・・
酵素

マストアイテムとしてタウリン

ここまで調べておきながら、与える量が適当なのは
詰めの甘い飼い主のせいです。
あしからず。

そこが1番肝心なんじゃないのか~!!
というお叱りの声。
真摯に受け止めたいと思います。


そんなこんなで
犬と人間の減量PJは今日もこっそり行われているのです。



おまけ


すっきりクビレがお披露目できる日を夢見て。


スポンサーサイト

| **8686** | 19:27 │Comments18 | Trackbacks0編集

今日という日。―キッズサイズ会談とセカンドピニオン。



すっかり寒くなってきましたね。
ファンヒーターの傍から離れることがでない今日この頃。

久しぶりにバスを利用しました。
しかし、待てど暮らせどバスは来ず。
か弱き乙女の祈りは届かぬのか!
とバカなことを考えていたら、
目の前をプップーと素通りされました。

乗車拒否でしょうか。


* * *


先日、久しぶりに父と会いました。

お盆のキッズサイズ会談以来です。



知り合いの出産祝いの話になり、

「赤ちゃんの身長って膝下くらい?」

「頭が相当大きいらしいから、子供服じゃ入らないかも。」

「生まれたときは3㌔くらいでしょ。」

「いやいや、半年もたつと倍になるよ。歩けるんじゃない?」










子育てをすっかり卒業した父と
全く予定のない、年頃の娘27歳 and 26歳。

延々と繰り返される結論のでないこの会談。
大丈夫でしょうか。

CIMG2032.jpg

「うちの犬が10㌔だから、Sサイズで試してみるよ。」

何の根拠か・・・購入したキッズTシャツ。

パッツパツです。


父よ。
その後、無事に出産祝いを買うことができましたか?
娘はそれがとても心配です。



そんなゆるゆるな父を引きつれ、鼻息荒くする輩と、
初心者マーク付きの素敵な車に乗り込みいざ出陣!
081119_101946.jpg


知らぬ間にバイクの免許を取り乗り回しているらしい。
常識的でありながら
時々、周りを驚かせるほどの奔放ぶりをみせる父。

「くさい!」「落ち着きがない!」「ぶさいく!」
と好き放題言いながらも、ヤムのことをとても心配してくれる父。

ヤムもそんな父のことが大好きだ。


いつかの誕生日にもらったハッパちゃんは想像以上に大きく育ってくれた。
110704.jpg
あなたの娘は植物と動物には無条件に愛情を注げるようになったよ。



向かった先は
以前から気になっていた動物病院。

そう!!セカンドピニオーーン!!


しっかりと診ていただきましたよ~。

5分じゃないですよ~。失笑


実をいうと、もしかすると心臓病じゃないのかもしれないなぁ。
なんてのんきなことを本気で考えていました。

そんな誤診なら、大いに結構なんだけどなぁ。



■レントゲンと心電図の結果■
心臓の前側の肥大と、右側に雑音と異常。

弁膜症の場合、左側から雑音がみられるそうなので
次回はエコーを使用してさらに詳しく調べていくそうです。



そして
薬を1種類に減らして経過観察をした後、
調整していくこととなりました。

まだ3歳ということと、内臓にかかる負担を考慮してだそうです。


まだ初診ですが、
とても真摯な印象を受けました。
生活するうえでの注意点や、質問にも丁寧に答えてくださり
何よりも、動物の身体のことを1番に考えてくれている感じがしました。


すぐに人の枕を奪う。
1114081.jpg


もう治ることのない心臓。
投薬により進行を遅らせ、いかに現状を維持していくか。

それでも、
ありがたいことに今はこうして何不自由のない生活を送れている。
それでいいじゃないかと思う。
日々をのらくらと生きていけること、それだけで十分じゃないか。


例え、不自由な生活になったとしても
きっと君は誰かと比べたり、羨んだり、自分を哀れんだり
明日に不安を感じたりはしないだろう。

そんな風に感じながら生きているのは人間だけかもしれないね。

君にとっては今というこの一瞬が、今日という日が全てだろう。
1114071.jpg

大切にしようね。今日も、明日も。
いつもと何ひとつ変わらずおとずれる日々を。
ただ、ただ、大切にしたいね。




3連休最終日。
ゆったりとした気分で、心と身体を癒してくださいね。



| **8686** | 08:59 │Comments13 | Trackbacks0編集

もしもの可能性―早朝散歩とスコーン。



春夏秋冬。四季折々。
実りの秋。収穫の秋。
先人は本当にうまいこといったものです。

今年も我が家はたわわに実り、大収穫祭の日も間近。
何なら今すぐにでも刈り取ってしまいたい衝動を抑えながら
次のお休みを指折り数えて待っています。

1114093.jpg

尻尾にひとつ。胸毛によっつ。脇の下にみっつ。

計やっつ!!



日本生まれ、日本育ちの洋犬は順応性を身につけ
しっかり四季を感じながら生活しているようです。

***

平日休みの早朝散歩にはまっている今日この頃。

散歩中に発作を起こした6月以来、
朝は5時まで、夜は10時からという制限のもと許可されていたお散歩道。


不安の残るのは飼い主だけで、
ハーネスを取りに行ったり、何度も、何度もちら見してアピールしたりと
当犬はいつでも行く気満々だった夏。


しかし、いくら暑いからとはいえ日中働いている飼い主には
この条件はなかなか厳しく、
しかも、夜になっても下がりきらない温度に
満足にお散歩に連れて行ってあげることができなかった。


その度にがっくりと肩を落とし
こうして、窓の外をただ見ていた。
1114092.jpg

何度も引っ越そうと思っていたこの欠陥だらけの賃貸物件。
それでも壁一面にひろがる窓が
君の退屈な日常を少しでも色彩豊かなものにしてくれるなら、
そんな願いも込め、今も住み続けている。

それに、大型犬多頭飼可の1ルームなんてそうそう無いだろう。

階下のお姉さんはGRとボルゾイと暮らしています。
素敵。



そんなことを考えながら、乾いた空気の中
シャッターの閉まった商店街を、
閑散とした飲み屋街をあてもなく歩き続けて辿り着いた場所。
1114051.jpg

西日本の片田舎『岡山』は
ペットOKのcaféも、施設も、そんなにあるわけではない。
あっても、少し離れたところだったりするので
自転車族のあたしには、なかなか不便だったりする。

そもそも、岡山で車無しで生活できるのか?と懸念されたが
どうにかなっているので、人間どこでだって何とかやっていけるもんだ。
と確信している。


そんなわけで、ラテとスコーンを買ったものの店内に入ることもできず
公園にする?それとも川原まで行っちゃう?なんて
ヤムに話しかけていると。
(他から見たら多分怪しすぎると思われます。)

テラスだったら大丈夫だと思いますよ。
と、店員さんの優しい言葉に甘え席につく。

おちてこーい。おちてこーい。
1114021.jpg
呪いにも似た祈りを捧げる犬。

得意の下たぶまいて、お利口にはしているが
邪な考えがひしひしと伝わってくるよ。
あんた・・・


念願のスコーンをちびっとだけお裾分け。うまうま。
1114031.jpg


足早に行き交う人たちを見ながら、
この人とは、同じところに住んでいるけれど、
もしかするともう出会うことはないかもしれないな。
と感慨にふけっていると、

スコーンに満足したのか、それとも足りなかったのか
突然ヤムが膝の上に乗ってきた。

が・・・

下半身が膝に乗り切らず、後肢をばたつかせながらもがくという
なんとも情けない醜態をさらしてくれた。


あんた・・・本格的にダイエットが必要だね。しかも早急に。


スコーンくれ。ラテもくれ。くれ。くれっ。
1114091.jpg
あまりの重さに脚が痺れそう・・・。


スコーンの争奪合戦を繰り広げていると
「かわいわねぇ。」
と年配の女性の方が話しかけてくれた。

ダルメシアンを飼っているその女性と少し会話を交わしたあと
もしもの可能性について考えた。


もしも・・・
スタバに来なければ。
もしも・・・
膝の上にこの犬がのっていなければ。

きっとあの女性とは一生交わることがなかっただろう。

もしも・・・もしも・・・もしも・・・
人生は想い出の積み重ねと選択の繰り返しでできている。

選ばれなかったもしもの数々に想いをめぐらせてみても
今というときを変えることはできない。

あたしたちは、この選択した現実をただ前に進んでいくしかないのだ。


だけどね、ヤム。
君がここにいてくれることで選ばれていく今というときを
あたしはとっても嬉しく思うよ。


君が紡ぎつづける奇跡の数々と
今こうして出会うことができた人たちのことを
とても愛おしく想うよ。
そして、ただ大切にしたい。

そんなことを感じたお散歩道。


でわでわ、よい週末を。




| **8686** | 21:13 │Comments15 | Trackbacks0編集

命の重み。―とれる耳とアンバランスな思考。

耳、とれてませんか?

出社して1番に上司に発した言葉です。
本当に、今朝はそう疑わずにはいられないほどの寒さでした。

まずは、先日の記事では、思いっきり個人的な内容だったので、
コメント欄を閉めようと思っていたのですが・・・設定ミス。
すいません、相変わらずのまぬけっぷりで。

微妙な内容にもかかわらずコメントしてくださってありがとうございます。
とっても嬉しかったです。
お返事のほうは、すぐにしますので、少々お待ちください。
ごめんなさい。


足りない飼い主に変わり辱めを受けながら、謝罪いたします。
D1010026.jpg
前足に力が入っているのは、強い謝罪の念からです。
けっして緊張しているわけではありません・・・笑


さてさて、以前の『環境省へのパブリックコメント』の記事では
ご協力頂き、ありがとうございました。
ご報告が遅くなってしまったのですが・・・

農林水産省と環境省が
国内で製造・販売する犬、猫用ペットフードのすべての製品に、
賞味期限や原材料名などの表示を義務づける方針を固めたそうです。
また、かび毒、農薬、重金属、有害微生物、使用に関する注意が必要な
添加物の残留値や使用上限を設け、
違反の場合の処分や罰金も科せられるそうです。


詳細は→こちら


声なき声が少しでもカタチへとなりますように。
そして、この手で愛するものを守れますように。


***

ここから本題です。
ずっと、ずっとアップしたかった記事です。

千葉のセンターで保護されていたキャバリア。
ついに、『新・ミューちんの新しいお家』のishiminさんのお宅へ
預り犬としてやってきました。

ベティちゃんというお名前に決まったそうです。
betty11081.jpg

ishiminさん、画像拝借しました。

可愛いまるキャバちゃん。9.7キロあるそうです。
とっても愛想がよく先住犬のミューたんとも上手くやっているそうです。

betty11084.jpg

実はベティのことを知ったとき
無謀にもセンターへ問い合わせをしていました。
普段は必要のないことまで、のらくら考えてフットワークが悪いのに
考えなくちゃいけないことはふっとばして、先に動いているという
なんとも自分でもがっくりするようなアンバランスさ。

岡山に住み、図々しい先住犬と、せまい賃貸で
ほそぼそと暮らしているあたしに、いったい何が出来るだろう。


図々しい犬・・・ビールのお裾分け。
photo.jpg
酔っ払っております。うぃっと。


キャバリアだから、こんな行動にうつしてしまったんじゃないだろうか・・・

電話を切ったあと、自分のしてしまった軽はずみな行動を恥ずかしく思い
自己嫌悪におちいっていました。


感情と思考だけは人一倍忙しいのです。しかも、無駄な。


しかし、先週。
無事、引き上げられましたから安心してくださいね。
と、センターの方からお電話をいただきました。

何十回、何百回・・・
罪のない命が粗末に扱われる現実を、
救いたくても救えない多くの命があるという現状を、
悲痛な叫びと、恐怖と、叶えられない祈りを目の当たりにして
今日までやってこられたのだろう。

そう思うと言葉につまります。


そうやって現実を受け止めていらっしゃる方々もいるということを
ただ、ただ、忘れずにいたい。
忘れてはいけない、そんな風に感じました。


そんな中で、多くの方の想いとともに救い出されたベティ。
どうか君には、幸せになってもらい。そう思わずにはいられません。


じゃぁお前がしろ!と言われたら返す言葉もありません。
無責任だということも十分承知しています。

今のあたしにできることは、
自分の許す範囲内でお手伝いさせていただくこと。
こうして文字にして多くの方に知っていただくこと。
それしかありません。



だけどやっぱり願わずにはいられません。
ベティの幸せと、
いつか迎えにきてくれると信じている多くの子たちの幸せを。



【続きを読む】

| **nico** | 12:42 │Comments9 | Trackbacks0編集

新しい呼び名―家族のかたち。愛のかたち。

今週の水曜日、気持ちのいい空気の中
出勤する人の流れに逆らいお散歩へ。

緑道公園の川沿いの小道をノロノロと探索。
もうご存知のことかと思いますが・・・
あたしは自他共に認めるインドア派で(ただの面倒くさがりなだけですが)
ブログ内でも室内風景がほとんどなので、たまにはアグレッシブなところを!
と、はりきっていたのですが・・・相変わらずの空回り。
メディアが入っていないという残念な結果に終わったので、過去のものを。笑


ヤムの現役時代。実家近くの大好きな川原にて。
110706.jpg

まだ貧毛に悩んでいた1歳。

まさか1年後にはアラン・ドロン並の胸毛がはえ
その1年後には結べるほどの前髪と謎の頬毛がはえていようなど
夢にも思っていなかったあの頃。


2時間の散歩のあと、ヤムをシャンプーしながら
電話をするなら今日だ。そんな気がした。


苦手なシャンプー後のおやつの催促。只今、胸毛増毛月間。
110701.jpg
何だかおかしい足のバランス。短くない?


まだまだ太陽が猛威をふるう9月はじめ。
久しぶりに祖母から連絡があった。
連絡がとりたいそうなので、気が向いたら電話してあげて。
そう言って母の携帯番号を教えてくれた。


母は、自由奔放で、負けず嫌いで、とても感情の豊かな人だった。
華やかなものを好み、社交的で、歌がとっても上手で。自慢の母だった。


よく似ている。と祖母や親戚から何度となく言われ、
写真の中の幼き母を、自分だと勘違いしたことさえあるほど。

今は定かではない。

あたしが12歳の時に事情があり家を出た母。
それ以来、連絡を取ることも、会うこともほとんど無かった。


たとえ明日死ぬことになっても後悔のないよう今を精一杯生きよう。

そんなことを頭の片隅に置いていても、
いざ願いつづけたものが現実となると、無駄な思考が浮かびあがり
踏み出せずに2ヶ月もたってしまった。
相変わらずフットワークの悪さに自分でも情けなくなる。


身体は重いがフットワークの軽い犬。只今、物色中。
110702.jpg
やっぱりおかしい足のバランス。
もしや・・・体重に耐えられず擦り切れているのではなかろうか。



10年ぶりに話す母に、幼い頃に想い描いた印象はなかった。

幼い表情と涙もろさをごまかすためにメイクという仮面をつけ
弱さともろさを隠すためにブランドという鎧で身をかため続けていたのだと
知ったのはあたしが少し大人になってからだ。


もう以前のように強がって、意地をはって生きていく必要もない。
自らを奮い立たせなくとも自然と前を向いて立つことができる。


大切な人の傍らで、愛するものたちに囲まれて。

そして母は言う。

「ねぇ、あたしのことはnicoさんって呼んでね。」

母は、新しい旦那さんやご家族に、あたしの名前で呼ばれているそうだ。

「nicoさんとnicoちゃん。
 それでいいじゃない。それがいいじゃない。」


こういう破天荒なところは昔から変わらない。
そして、間違いなくあたしは母のDNAをしっかりと受け継いでいる。笑

どんなに離れていても
どんなに一緒に過ごした時間が短くても。



この人の娘に生まれてきたことを心から嬉しく思う。

普通の母と娘ではないかもしれない。
それでも母がいうように、それでいいじゃないか。






11月7日。
母の誕生日。
15年ぶりのプレゼントとしてピンクのマニキュアを購入した。

深い赤の似合う母はもうそこにはいない。
きっとやわらかで自然な色がよく似合う。そんな気がする。


プレゼントの中にヤムのとびきりまぬけな写真を同封した。

あたしの大切な家族です。と。



きっと母は愛情を込めて言うだろう。

「まぁ、ぶさいくちゃん。」


どんなにぶさいくでも、規格外でも、あたしはこの犬を
とっても、とっても愛しているよ。

そして同じくらい、あなたのことも愛しているよ。
昔も今もこれからも。

そう伝えよう。


Happy Birthday to you!!

【続きを読む】

| **nico** | 19:04 │Comments11 | Trackbacks0編集

| main |

profile++

nico*33*

Author:nico*33*
■86(yam)
2005年8月6日生まれ
前髪の伸びる10㌔超のでかキャバ
人一倍図々しいが内弁慶
得意技は下たぶまきと関取歩き
食いしん坊の万年ダイエッター


■865(PANKO)
2003年8月6日生まれ(推定)
2010年の9月にやってきた
うさぎのように飛び跳ねる5㌔の豆キャバ
好奇心旺盛だが一歩が踏み出せない小心者
現在増量中


■主
3種の神器はガムとタバコとビール
毎夜犬に枕を奪われている


■nico(管理人)
かろうじて人間に分類
好きなものはかぼちゃのスープとお赤飯
混沌としています

mail++

名前:
メール:
件名:
本文:

calendar++

10 ≪│2008/11│≫ 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。