スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

今を生きる。



パンコがうちにきて1ヶ月。

少しずつではありますが慣れてきてくれているようです。

全部の部屋を行き来できるようになったし
ベッドにこっそりもぐりこむこともできるようになりました。

見当たらないなーと思ったら、居心地のいい場所をみつけてひと眠り。

ゴハンの用意をしていると、どこへいてもすごいいきおいで駆け寄ってきて
グルグルと走りまわる。
さっきまでいなかったはずなのに・・・。

ヤムの後ろを追って歩き、時おり、後を追われて急いで逃げる。

動きではパンコのほうがすばしっこく
まるでうさぎのようにピョンピョンととび跳ねながら部屋中を行ったり来たり。

催促のときは後ろ足で地団駄ふむヤムに対抗してか
パンコは前足でバンバンと床をたたく。


アイスクリームを食べていると、これ。き、きになる・・・。
1012-4.jpg


パンコがいつ、どこで生まれ、どんな風に過ごしてきたのかは
残念だけれど、あたしたちには知る術がありません。

わかっているのは、今年の異常ともいえる猛暑に
山の中に置き去りにされていたうちの1頭、その事実だけです。

保護された状況から推定7歳。
繁殖犬とのこと。

こんなにちいさな身体で、何度出産させられたのだろうと思うと
ひどく心をしめつけられる。

過去を知ることはできなくても、今のパンコを見ていると
容易に想像することはできる。



パンコの毛をカットしてくれたトリマーさんは保護された当初
「これはもうだめだろう」と思ったそうです。
皮膚の状態も悪く、キャリーの中でブルブルと震える痩せ細ったキャバリア。

それでも、ボランティアの方々の愛情のおかげで
こうしてパンコはあたしたちの元へとやってくることができました。


里親会で「はじめまして」のパンコさん。
1012-1.jpg

うちにきた当初は、何もかもが怖いようで
ゲージの中からなかなか出てくることができませんでした。

そっと抱き上げると、吠えるわけでもなく、抵抗するわけでもなく
ただ身体を硬直させブルブルと震わせた。

人間の声に、過敏に反応し「パンちゃん」と呼んだだけでゲージに逃げ込む。
もしかすると、褒められることを知らないのかもしれない。

そう、甘えることさえ。


今でも抱き上げると身体を硬直させる。

それでも、あせらなくていいから、抱きしめられることの心地よさと
ふれあう肌と愛情のあたたかさに心から安堵してもらえる日がくればいいと
心から願うばかりです。


少しずつでいいから。



たとえ君が想像を絶するようなひどい体験をしてきたとしても
多くのトラウマを抱えていたとしても、必ずしあわせにするから。

いつもデヘヘと傍らで笑う犬と何ひとつ変わることなく。

安心しなさい。

1012-3.jpg


―犬は過去や未来を生きはしない。今を生きる。


今という瞬間を共に生きようね。





スポンサーサイト

| **865** | 23:24 │Comment- | Trackback-│編集

| main |

profile++

nico*33*

Author:nico*33*
■86(yam)
2005年8月6日生まれ
前髪の伸びる10㌔超のでかキャバ
人一倍図々しいが内弁慶
得意技は下たぶまきと関取歩き
食いしん坊の万年ダイエッター


■865(PANKO)
2003年8月6日生まれ(推定)
2010年の9月にやってきた
うさぎのように飛び跳ねる5㌔の豆キャバ
好奇心旺盛だが一歩が踏み出せない小心者
現在増量中


■主
3種の神器はガムとタバコとビール
毎夜犬に枕を奪われている


■nico(管理人)
かろうじて人間に分類
好きなものはかぼちゃのスープとお赤飯
混沌としています

mail++

名前:
メール:
件名:
本文:

calendar++

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。