スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

アラン・ドロンと尻尾の事情。

まずは、先日の記事では、無能な飼い主の駄文にもかかわらず
『愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律』に
ご協力頂きありがとうございました。


皆さんひとり、ひとりの声が届き、しかるべきかたちへとなりますように。
そして、愛するものをこの手で守れますように。




昨日、急遽ヤムを連れて病院へ行ってきました。
朝をから血便をしてしまい。はぁ
鮮血なのですが、念のため大事をとって。

血液検査と検便の結果、感染症もなく白血球も安定していたので
注射と整腸剤でしばらく様子を診ましょうとのことでした。

たいしたことなくてよかったね~
4.jpg

ウイルス性のものでなくて一安心。アレルギー性腸炎かな?
どうりで、最近寝っ屁が殺人級に臭かったわけか!(根拠なし)
病院でしこたましぼられた肛門腺でナイーブにはなっていますが、
相変わらず食欲もあるし、元気もあるので大丈夫そうです。




だけど、ひとついいこともありました。

夏の初めからできていた尻尾のハゲ(最長3㌢)
痒くて、痒くて、いつも後ろを気にしてガジガジ。
寝ていても、飛び起きてガジガジ。
尻尾を追いかけてクルクル回りながらガジガジ。

やめさせても痒さには勝てず、無残な状態になっていた尻尾。
蒸れるのも原因のひとつかと思い、今年初めてサマーカットに挑戦してみたの
ですが、一向によくならず。

しかも、あまりのサマーカットの似合わなさに言葉を失いました!驚愕!!
どの仔も、まるでパピィのようなかわいさなのに。

顔も、身体も、長さが強調されてますね。
091701.jpg

友人にも「さっぱり酢の物風?」と全く意味のわからないことを言われ、
「大丈夫。嫌いになったりしないから。」と慰められる始末。


立派なキャバリアの写っている雑誌を枕に。
DVC00020.jpg

サマーカットにしても前髪は健在!

そんな微かな願いが叶えられた今日この頃。
前髪も胸毛も尻尾のハゲもモサモサと毛がはえてきました。
少し涼しくなったので痒みも落ち着いたのかもしれませんが。
もしくは・・・太ったせいで尻尾まで口が届かない?それゆえに??

「日本のアラン・ドロンですか?」と言われるほど復活した胸毛。
CIMG2031.jpg

友人よ、家族よ、毎回、毎回、心のこもった名言ををありがとう。






もうひとつ。
前回の記事では、図々しく他のワンコの食べてるものが知りたい!という
飼い主のワガママにお付き合い頂きありがとうございました。
しかも、あたたかいお言葉までいただいて。
大変参考になりました。なり過ぎて心変わりしてしまいそうです。


ちなみに、うちは『カリフォルニアナチュラル』をふやかして与えています。
理由は、昔からアレルギー対策として定評があることと、
(今与えているものは昨年アレルギー対策として追加されたものだそうです)
以前食べさせていたフードの主原料がチキンだったため、
全く別の鰊を与えアレルギーを回避しよう!という飼い主の浅知恵です。
タウリンで心臓の強化をはかりながら、オメガ3で炎症抑制とヒスタミン抑制。

なんとか皮膚も安定してきたので、無くなりしだい『イノーバ』に変更予定です。
あ、まずは体調が安定してからですが。
でも、血便をしてしまったので合わなかったのかもしれません。涙
深いなぁ~栄養学って。数字だけじゃないんですよね。
その仔の今の状態に合っているかどうかが大切なわけで。
それを見極めることができるのは傍にいる飼い主しかいないわけで。
はぁ~とため息つかずにはいられません。



そんなことを考えながら、病院へ迎えにきてくれた友人と自宅へもどると
玄関の前に宅急便屋さん。
その手には先月受けた健康診断結果の封書。3年ぶりの健康診断です。
ラッキーなんて言いながら(何のラッキーなんだか)サインをして受け取り
早速中身を確認。

「あんた!犬の栄養より
まずは自分の身体どうにかしたら?」


ありがとう。真摯に受け止めます。

少し後ろ向きな飼い主ですが・・・
54.jpg

台風にも負けず、ゆっくりやっていきたいと思っています。


スポンサーサイト

| **疾患** | 19:21 │Comments17 | Trackbacks0編集

伸びる前髪にはせる想い

バッハ~!!

時折、彼はこんな風に呼ばれる。



いつの頃からかシャンプーしたばかりの彼の前髪は、センターでパッカリと
わかれてしまうようになった。
そんな時、いつも思い出されるのは、音楽室に飾ってある作曲家の自画像。
あれって怖くないですか?
あたしは夕方の音楽室に入るのがとびきり嫌いでした。
ブルブルブル


そんなことはさておき。
キャバリアって前髪あったけ???という疑問から
どこまで伸びるんだろう?という謎へと深まっていくこの頃。
深まるのは空の色だけで十分だというのに。


***
先日、ヤムの薬をもらいに病院へ行ってきました。
ヤムは【エナカルド(マレイン酸エナラプリル)】という薬を
毎日服用しています。
血管を拡げ、心臓に負担をかからなくする薬だそうです。


うっすらと雲に覆われた空と、生ぬるい風のふく6月の終わり・・・
久しぶりに会う友人に連れて行くと告げたものの、出る直前になり
なんだか嫌な予感がして、ハーネスをつけたり、はずしたりを繰り返していた。
当の犬は、連れて行ってもらえるものと信じてやまず大興奮。

CIMG1967.jpg

自らハーネスに首を突っ込む始末。
首吊りですか?

「大丈夫。じゃぁ行こっか。」
不安を打ち消すように家を出て、友人の働いている古着屋さんへ向かった。
久しぶりに会う友人と挨拶を交わした直後、今まで嬉しそうに
ブンブンと尻尾をふっていたヤムが、急に前足をブルブルさせたかと思うと、
真っ直ぐ立っていられないのか体を傾け、そのままペタリを倒れ込み
痙攣し始めた。

すぐに、ヤムを抱きかかえ家へと向かう。
いつもの景色なのにまるで初めての土地を歩くような錯覚と、
一生変わらないのではないかと疑うほど長く感じられた赤信号に
焦りばかりがつのる。
貧血にも似た冷たい感覚と手足のしびれに・・・
立ち止まると今にも倒れそうになった。
腕の中には10キロ近い犬。

診断の結果、心不全による発作。
キャバリアに多いとされる僧帽弁閉鎖不全症。



突きつけられた現実に、途惑うだろうと思っていたけれど、
意外なほど冷静に前を見て立っている自分がそこにいた。

それは、多分、君があたしに伝えたかったことだと思ったから。



ねぇ、ヤム、今のあたしにできるのは君を守ることだと思う。
だけどね、あたしを強くしてくれているのは間違いなく君の存在だ。

CIMG2042.jpg

与えられるものが少なくてもどかしくなる日々も少なくはないけれど
それでも、今を生きていくしかないんだよ。

また少し休んだら、ゆっくり歩いていこう。
焦らなくても明日は逃げたりなんてしないから。



| **疾患** | 23:40 │Comments6 | Trackbacks0編集

| main |

profile++

nico*33*

Author:nico*33*
■86(yam)
2005年8月6日生まれ
前髪の伸びる10㌔超のでかキャバ
人一倍図々しいが内弁慶
得意技は下たぶまきと関取歩き
食いしん坊の万年ダイエッター


■865(PANKO)
2003年8月6日生まれ(推定)
2010年の9月にやってきた
うさぎのように飛び跳ねる5㌔の豆キャバ
好奇心旺盛だが一歩が踏み出せない小心者
現在増量中


■主
3種の神器はガムとタバコとビール
毎夜犬に枕を奪われている


■nico(管理人)
かろうじて人間に分類
好きなものはかぼちゃのスープとお赤飯
混沌としています

mail++

名前:
メール:
件名:
本文:

calendar++

01 ≪│2017/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。