スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

ありがとう!―出会いと別れと片鱗と



こんにちわ!

すっかりご無沙汰しています。



決算やら、引き継ぎやら、あれやら、これやらで

またしても追われる日々を送っていました。


なかなか皆さんのブログにも遊びに行けず

mailのチェックも滞り(必ずお返事しますので少々お待ちを!)

書きたい記事やお礼もたまる一方です。




犬は毎日、元気です!

ある日は、もらいもののイチゴに大興奮してみたり

CIMG2527.jpg

CIMG2532.jpg


ある日は、穏やかな海へ出かけてみたり

CIMG2579.jpg CIMG25871.jpg




また、ある日は

食べつくしたフードの袋をかぶってみたり

CIMG2606.jpg



・・・。




さて、私事ですが3月31日に無事(?)退職をしました。

つめが甘い!と言われてきたので、最後くらいはビシッ!としめようと

はりきっていたんですが、今回も…。


後任の方に更衣室のロッカーのかぎまでわたしてしまい

私服を残したまま制服で大荷物を抱えて会社を後にするという

なんともまぬけな終わりとなりました。




改めて私服は引き取りにいく予定です。

はぁ…。

最後の最後まで失笑せずにはいられないこの性質。

CIMG2613.jpg

いただいた花束に興味津々。食べれませんよ!

CIMG2616.jpg




1年9か月。

あこがれの住宅メーカーに入ってみれば

実際には「家」に携わることはほとんどなく

管理側で数字の羅列と戦う日々。



そもそも、情熱と、責任感、持久力に欠け

協調性、愛想皆無!!


(年頭の目標に「愛想をよくする!」と冗談で宣言したら
部署の方たちがうんうんとうなずくほど…。ははは)


スキルが高いわけでもなく、これでよくクビにならなかったなぁ…。







1月の半ばに更新はしないと決めてから、この日が近付くにつれ

いったいあたしはこの会社で、この部署で何ができただろうか?

そんな想いが大きくなっていきました。



自分にできることには限りがあり、すべてのことをできるわけではない。

時には理不尽なこともおとずれる。納得のいかないことも。


それでも、精一杯取り組むことができたのかな…。



あのとき、あんな風に言わなければよかったんじゃないのかな。

あのとき、もっと違うやりがあったんじゃないのかな。



あんなにもやめたい~!と、切望していたのに…。




そして、帰宅すると玄関に素敵なお花が!

CIMG2620.jpg

大好きなお菊さま。花屋に勤めている友人から。


CIMG2621.jpg

「祝」を間違えて修正しているのがさらに涙をさそう。笑

幸せのダムが崩壊してしまいそうになる。


何の取り柄もないけれど

周りにいてくれる人たちだけには恵まれている。

つくづくそう思わずにはいられない。










岡山に設立されてからのメンバーの1人(通称:じぃちゃん)も

名古屋へと異動が決まりました。



あたしの好きな食べ物がチャンジャというだけで

ずっと「チャンジャ」とあたしのことを呼んでいたじぃちゃん。


クリスマスが近付くにつれ「お前は気の毒だ」と連呼し

「お前の人生は終わっている!」と事あるごと宣言しながら

経験の足りないあたしを後ろから支えてくれた大切なじぃちゃん。




そんなじぃちゃんの最後の挨拶。


「ありがとう」って言葉は「有難う」と漢字で書くように

出会うことのほうが難しいこの広い世界で

こうして何らかの偶然が重なり、共に働くことができた奇跡に

私は「ありがとう」と言いたい。




どうか、お元気でね。

今度こそ可愛いお孫さんのもとにもどれるよう心から祈っています。








ありがとう。

長い人生のなかで、一定方向にしか進まないときの流れのなかで

ほんの一瞬でも交わることができたことに

心から感謝します。




少し休んでまた進もう。

多くの「ありがとう」を繰り返しながら。





ということで、飼い主は体調も安定している犬を大切な人にあずけ

ポケットにオースターをしのばせ1人でぷらぷらとしてきます。

行き先不明!笑

CIMG2593.jpg




もしも運悪く発見したら、どうぞ声を掛けてやってください。


でわまた。












スポンサーサイト

| **nico** | 11:18 │Comment- | Trackback-│編集

年始のご挨拶とお知らせ。



2008年も残りわずか・・・。

なんて思っていたら、すっかり年が明けていました。



年末のご挨拶もできず大変失礼しました。
(相変わらず最後の最後もしまらずじまい)


あらためまして


明けましておめでとうございます。

昨年は本当に多くの出会いと素敵な時間の共有を

ありがとうございました。





CIMG2454.jpg  CIMG2446.jpg
年始に友人宅の小さいけれど趣のある庭にて。





そして、もうひとつ。


突然ですが、しばらくブログを休止させていただきます。



まだ走り出してもいないのに早々と休憩とは
すでに今年1年を物語っているような気がしてなりません・・・。

失笑




理由は・・・

今は、言葉というツールに頼ってしまうと

まとまりもなく着地点不明の思考が溢れだしそうなので

またいつか、必ずいつの日か

ケラケラと笑いながらお話させていただきますね。



その際には叱咤、罵倒等、全て真摯に承りますので。

1114081.jpg

図々しい犬は、今日も人の枕を占領しています。


どうかご安心ください。

090107.jpg





予定どおりにすすんではくれない人生。

最後まで予測のつかない未来。



時には立ち止まったり、後ろを振り返ったり、腰をおろしたり、

行く先を見失ったり、踏み出すことを戸惑ったり・・・。


それでも、前に進んでいくしかないのです。

今というときを、取り戻せはしないこの瞬間を積み重ねながら。


寄り添う愛しい存在と。




どうぞ、今日もよい1日を!




nico & ヤム

| **nico** | 15:15 │Comment- | Trackback-│編集

12月19日―もうひとつの物語


気がつけば、今年も残りわずかとなりました。
いかがお過ごしですか?

外の空気を吸おうと窓を開けると、
夜はまだ深く月がニマリと笑みを浮かべていました。
さ、さむい…。


前回の記事では、たくさんのおめでとう。をありがとうございました。
本当にうれしかったです。


さてさて、追われているのは気分だけで、「さむい」「さむい」と
言いながら日々、犬との毛布の奪い合いを繰り広げている今日この頃。

nemu.jpg
器用に左右にカラダをくねらせ、毛布からはいでてくる犬。


そんな中、今年中にどうしても報告しておきたかったことを。


以前の記事で書いたショップの子(通称:パンコリーヌ)ですが、
ご縁があったようでに新しいご家族のもとへ旅立ったそうです。


奇しくも12月19日に・・・。


とても気にかけてくださり相談にのってくれたishiminさん。

「簡単で、いいのだ。」と背中を押してくれためぇさん。


コメントなどで、気にかけてくださった皆さま。



この手の中ではないけれど・・・。

彼女は無事にあたたかい腕の中で安心と安堵に包まれて
今日ものんびりと暮らしていると思います。

本当にありがとうございました。


CIMG2399.jpg
秋に拾ったどんぐりから芽がでました。狙う犬、死守する飼い主。








そして、ごめんよっ!!


ここから下は・・・かなり個人的なことです。

■無駄な思想■

11月に彼女と出会ってから、どうしても頭の片隅から離れず
休日のたびに彼女の様子をこっそりとうかがいに行っていました。


ショーケースの中の彼女を見つめては「パンコ・・・」と呟き
一緒に行っていた彼には「勝手に名前をつけない・・・」と呆れられ

「あ、あんな狭い部屋で大型犬2匹も飼えるわけないでしょ!」

と厳しい助言をいただき
(あ、いちを小型犬の部類に入るはずなんですが。。。キャバリアって。ヘヘヘ)

「あなたどうせ引き取るんでしょ~」

とサラリと言い放った妹よ。
それでも姉は少々悩んでいたのだよ。



12月入り、パンコは6か月が過ぎ、そんな中ヤムが体調を崩し
飼い主は日々に追われ焦りと苛立ちを感じていました。

そんな交錯してまとまらぬ思考の中で、何度も自問自答を繰り返し

無意味なシュミレーションを重ね、ショップの方とお話させていただき
(その時のことはここには記しませんが・・・。)

先日の日曜日に、引き取るつもりでショップへ行ってきました。


しかし、空になったショーケース。


嬉しさとほんの少しの寂しさを感じ

嘘です!寂しさ8の嬉しさ2。失笑

28歳初涙をこらえながら、お店をあとにしました。






喪・失・感


しまった・・・。いれ込み過ぎたっ・・・。


どうにかしてあげたいなと思っていたけれど、そうではなくて・・・
あたしがきっと君にどうしようもなく惹かれていたのかもしれない。



その時の想いは時と共に流れていく。


だけど

想いだけではなく、すべての物語が止まることなく進んでいるんだね。

当たり前だけれど。




ねぇ、ヤム…。

もしも、もしも、そこに素敵な「ご縁」で結ばれた
あたたかな命があったとしたら

君は受け入れてくれるかい?

CIMG0518.jpg CIMG0517.jpg
はじめまして。で目をひんむいて驚き顔。


まだヤムが今よりだいぶ小さく、規格外の前髪も、ドロン毛も
はえていない幼き頃に迎え入れたMDのもも。

もう彼女のやらわかな被毛にも、小さな肉球にも、とがった鼻にも
ふれることはできないけれど。



また、いつか・・・。


本当に迎え入れてあげなくてはならない命があったなら

今度こそは何の躊躇いもせず、まっすぐ受け止めたい。


868686.jpg

その時は、またあの日のように受け容れてくれるよね。

そう信じているよ。





それでは、素敵なXmasを。





| **nico** | 06:16 │Comment- | Trackbacks0編集

B.EVE―感謝と愛を込めて。


ここ数日、めずらしく追われる日々を過ごしていました。

27歳のやり残しが迫ってくるのを見て見ぬふりして
温泉宿の本を見たり、大切な人に手紙を書いたりと。

つまりは・・・逃亡です。あしからず。




誕生日が1日違いの友人と
その歳の集大成と新しい歳の目標をこっそり囁くのが
恒例行事となっている12月。

親友なんて言うと照れくさくいけれど
同じような境遇で育ったせいか、はたまた誕生日のせいか、
必要のないところで怖ろしいほど同じ道を選択してしまう友人。

時にやさしく手を差し伸べてくれたり、
時には容赦なくとび蹴りをお見舞いしてくれたりする
そんな戦友という響きが心地良くなじむ友人。

CIMG2382.jpg
大好きな友人の膝の上で。
友人が席をたつとヒィヒィと悲痛な声をあげる。




26歳の目標
『幸せ過ぎて死ぬ!』


死ぬことは無かったけれど、幸せ過ぎてでもないけれど、
「死ぬ!」「多分、死ぬ!」と言う事態に何度となく直面した。



27歳
『脱!めんどくさい病』


「めん・・・」まで言いかけて、
2人顔を見合わせながら言葉を飲み込んだ。
だけど、片手で数えられくらいは声高らかに叫んだだろう。


CIMG0881(1).jpg CIMG0856(1).jpg
もしも渋谷で、ドッド柄に汚染されめでたいメガネをかけている集団がいたら・・・
それはきっと、あたしの愛すべき友人かあたしです。



踏み出すことを途惑っていた彼女が一歩前へと進み始めた27歳。

踏み出しさえすればどこまでも全力疾走できることは、知っていた。
誰よりも速く。そして誰よりも深く。

だからこそ、踏み出せないでいる彼女を見るのは
心もとなかった。

DSCN0095.jpg DSCN0117.jpg
もしも海沿いで、太陽の下ににつかわぬ集団を見かけたら・・・
それはきっと、あたしの愛すべき友人かあたしです。



恥ずかしくてなかなか面と向かっては言えないけれど
本当におめでとう。
今までも、今も、これからも、ありがとう。

miko222.jpg  miko111.jpg
もしも岡山で、このあやしいメガネをかけている集団を見かけたら・・・
それはきっと、あたしの愛すべき友人かあたしです。




『BIRTHDAY EVE』
というものを26歳の夏に知った時、次の誕生日には
今つながってくれている人たちに感謝の気持ちを伝えよう。
そんな風に思っていました。


しかし、相変わらずフットワークの悪さと、
あらためて言葉にしようとすると、小恥ずかしさから
結局何も伝えられず誕生日を迎えていました。


どんなに言葉にしても伝わらない想いがあるということを
嫌というほど経験してきたのに・・・。

CIMG2386.jpg
この1年愛用してまるまる太ったMOLESKINEの手帳。
在りし日を回想することはできても、想いを再現することはできない。


変わりゆく季節のように、その時の想いもまた時と共に流されて
もう取り戻すことはできない。

傷つくことへの恐怖から言葉につまることも少なくはない。

それでも、伝えなくては何も変わらないのではないかと思う。


ということで・・・前置きがすっかり長くなってしまいましたが。




こうしてキャバリアを通じて、また犬種を超えて
つながりをもつことができた皆さま。


ブログで垣間見ることができる皆さんの日常を
時にはにまにましながら、時には微笑ましく思いながら、深く考えさせられたり、
どうしようもない憤りを覚えたり、やさしい気持ちになったり、涙したり・・・

1人では到底味わえることができない日常を
時間を超え、距離を超え、共有させていただいたこと。



本当に感謝しています。


ありがとう。

DSCN0160.jpg

そして、生産性のもなく、変わりばえしないただの日常を
共有してくださったこと。

まだお会いしたことはないけれど、あたたかい言葉をかけてくださったこと。


本当にありがとうございます。


あと何百回と年を重ねても
この怠惰な性質と間の悪さはなおらないかもしれないけれど

時間を共有することができる友人がいる。

心配してくれる家族がいる。

こうしてキャバリアを通じて出会うことができた人たちがいる。

何も知らずいつもと変わらず寄り添ってくれている犬がいる。

自分と同じようにその犬を大切に想ってくれる人がいる。

CIMG1207.jpg CIMG1204.jpg
なでられると、どうしようもなくだらしない顔になる。


そして、感謝を伝えることができる相手がいるということ。

それだけでどうしようもなく幸せなことじゃないかと思う。



28歳。
やり残したことは山ほどあるけれど、目標も決めかねているけれど
何とかのらくらとやっていきたいと思っています。

CIMG2379.jpg
もしも日本のどこかで、ヘジャブを装い「とろける・・・。」とブツブツ言いながら
前髪の長い犬を連れてる女を見かけたら・・・
それは間違いなくあたしです。



本当にいつも、いつもありがとうございます。


今日も素敵な1日を。




| **nico** | 22:25 │Comments20 | Trackbacks0編集

7年目の終止符―それでもやっぱり・・・。


思い起こせば・・・。

やわらかな陽だまりの中でも、色鮮やかな景色の中でも、
どんなに薦められても、どんなに強制されても、
頑なに拒み続けたこの7年。


gokigoki.jpg

より深く、より濃く、角度28度が信条のゴギブリ色。ども。



それなのに、『それ、おもしろいかも』という理由で
この7年に終止符をうつべく美容院へ行ってまいりました。



そういえば・・・

腰まで伸ばした髪の毛を『つまらん』という理由で
はじめて行った美容院でボブに切ってもらったことも。


そんなキューティクルの奥の奥まで染み込んだゴキブリ色は
生易しいカラーなどでは到底のるはずもなく
美容院で1番強烈なブリーチを使用して

「限界です!」

と美容師さんを言わしめることとなりました。
スイマセン

あ、でも料金は2倍ほどお支払いしましたので。へへへ



もうしばらくお会いすることはありませんが
ありがとうございました。


あたしの情熱と持久力が
3時間という長丁場に耐えられない申しております。


* * *


連日連夜、不在届けと再配達を繰り返し無事に届いた数々の荷物。

何かが届くたびに必ずチェックする女々しいおかまは
今日も足取り軽く玄関付近を行ったり来たり。


あんたのじゃないよ。
と制しても信じてやまない。

ヤームーの。ヤームーの。ぜーんぶヤムの。
CIMG2347.jpg


ちなみにこの3段箱の内訳は。

CIMG2350.jpg

頑張った形跡はあるけれども
食べていないだけありがたく思わねば。




そして先日、またしても素敵な贈り物が届きました。
『日々、早々と。』のめぇちゃんから。

CIMG2355.jpg

素敵なbirthday bookとあったかいcard、ヤムにもおやつを。
めぇちゃんからの贈り物はいつも素敵なものばかりです。


宛名に描かれた8686。可愛い。

CIMG2356.jpg

パンチをして破いてしまった輩には生尻ペンペンの刑が
待っていますので、あしからず。


ポストの中にこんな素敵なものが入っていたら足取りも軽やかに
5階までの地獄の階段もスキップしながら上っちゃうもんね。


めぇちゃん、リォンリ、イイヲ、ハクビ、ありがとうございました。

8686.jpg



あとは、父からもプレゼントが届きました。
正確には持ち込みですが。笑

3000007965_00001.gif


『黒くててかてか』

という要望を軽々と満たしてくれたこの子。








やはり未だゴキブリ色から逃れられることができないのか!

と指通りの悪い季節外れの紅葉ヘアを必要以上にさわってしまう
今日この頃なのです。










| **nico** | 20:06 │Comment- | Trackback-│編集

| main | next »

profile++

nico*33*

Author:nico*33*
■86(yam)
2005年8月6日生まれ
前髪の伸びる10㌔超のでかキャバ
人一倍図々しいが内弁慶
得意技は下たぶまきと関取歩き
食いしん坊の万年ダイエッター


■865(PANKO)
2003年8月6日生まれ(推定)
2010年の9月にやってきた
うさぎのように飛び跳ねる5㌔の豆キャバ
好奇心旺盛だが一歩が踏み出せない小心者
現在増量中


■主
3種の神器はガムとタバコとビール
毎夜犬に枕を奪われている


■nico(管理人)
かろうじて人間に分類
好きなものはかぼちゃのスープとお赤飯
混沌としています

mail++

名前:
メール:
件名:
本文:

calendar++

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。